初めて知った副作用の壁|それでも禁煙補助薬で卒煙の固い決意

チャンピックスの使用方法

ファイザー社が販売するチャンピックスは、主に禁煙外来や専門のクリニックなどで処方されている禁煙補助薬ですが、非常に高価なために、ここ最近では個人輸入などで購入される方も増えてきているようです。
有効成分バレニクリンからなる禁煙補助薬ですが、第一類医薬品に分類されているので他の禁煙補助薬のように近所の薬局などでは扱っていないため、従来は医師の処方を受けてからでないと購入ができませんでした。
バレニクリンはニコチンと似た働きを持っており、服用することで脳内物質であるドーパミンが微量に放出され、安らぎや快楽のような感情を作りだし、気分を落ち着かせる作用があります。
有効成分バレニクリンこのような特性から、ニコチン不足による離脱症状が軽減され、たばこを吸いたいと思う欲求を抑えこむことが可能となっているのです。
さらに、仮にたばこを吸ってしまいニコチンを接種しても、たばこを吸ったというよりも、煙だけが体の中に入ってくるような感覚となるので、自然にたばこを求めないようになっていくというのがこの薬による禁煙のプロセスです。
服用の仕方には他の飲み薬と異なるちょっとしたルールがあります。
まずは禁煙開始予定日の1週間前からチャンピックスを服用し始めます。3日目までは0.5mgを1日1錠、4日目から7日目にかけては朝と夕の1日2錠と、その量を徐々に増やします。
そして1週間を越え、服用8日目からいよいよ禁煙を開始してください、ここからが勝負所です(なお、1週間を待たずしてたばこを吸いたくなくなった場合は早めに禁煙に入りましょう)。8日目からは1mgを1日朝と夕の1日2錠で服用します。
以後、12週まで継続します。さらに、必要に応じて、24週まで延長することも可能です。
副作用の少ない薬ではありますが、若干の吐き気や頭痛などが飲み初めの頃に多く報告されています。
臨床研究の結果、12週間後の禁煙成功率は65.4%ということからも、チャンピックスの効果の高さがうかがい知れるでしょう。