初めて知った副作用の壁|それでも禁煙補助薬で卒煙の固い決意

飲む禁煙薬

チャンピックスとは、国内では初となる経口内服する事で起こる苦痛を伴う症状を緩和させながら継続出来る禁煙治療薬となり、その特徴として従来のものとは異なり成分にニコチンを含有しておらず、バレニクリン酒石酸塩を0.5mgあるいは1.0mg含有しており、この二つの用量規格は治療開始から決められた日数に従って増量するとされ又、開始一週間は喫煙を無理に止める必要も無く、次第に成分が効き始める事で自然に近い形で喫煙に対しての欲求を軽減させてくれます。
チャンピックスはその作用からα4β2ニコチン受容体部分作動薬の系統に分類する事が出来る禁煙治療薬となり、投薬を行うと成分が脳内にあるニコチンを司る受容体に作用する事で効果を発揮するとされ、二つの作用により苛立ちや集中困難あるいは気持ちが落ち着かない等の禁煙開始時に殆どの方に起こる離脱症状を緩和させるとされ、その二つの作用として刺激と拮抗の作用が有ります。
刺激の作用としては、喫煙時と同様に受容体へと作用する事で少量のDA分泌を促す事ができ、煙草と比較すると約半分の分泌量となり、これにより離脱症状を和らげる事が出来るとされ又、煙草に対する喫煙願望や吸いたいと感じる衝動等の欲求を抑える事にも繋がります。
もう一つの作用で有る拮抗の作用は、上記にも記載しましたが投薬開始一週間は喫煙をする事は可能ですが、この作用によりニコチンの作用を弱める事が出来るのでDA分泌を抑える事に繋がり、喫煙を続けても気持ちが落ち着くや得られていた充実感等を感じる事が出来なくなるとされています。
これらの作用は従来までの禁煙治療薬には無く、チャンピックスを用いての治療は置換療法では無いのでその有効性は高く、三ヶ月の治療期間で成功する確率は50%以上有るとされるので、国内でも処方が始まってから供給不足を起こす程、内服希望者が多い薬となります。
副作用に多いとされるのが鼓腸や吐き気といった胃腸に対しての症状が多く、十人に一人の割合で頭痛を起こす方もいますが、いずれも軽症なものなので心配の必要は有りませんが、重篤な副作用として意識への障害を挙げる事ができ、車の運転中に意識を失い事故に繋がった例が何例か有るので副作用の影響を考慮し内服してからの運転や危険を伴う作業は控える様にする必要が有ります。